EWPアドバイザー育成

EWP Advisor

EWP は従業員ヘルスケアプログラム®の提供内容の一つとして、
社内健康意識を自発的に高めるための中心的役割を担う「EWP アドバイザー」を育成します。
目安:従業員25 人に対して1 人の育成

  • EWP アドバイザーの役割

    社内健康の窓口(リーダー)として、健康防災訓練士やEWPと連携をとり、従業員ヘルスケアプログラムを推進します

    ・ヘルスリスクアセスメントの解説を行います
    ・フェニッツライブラリーを活用し、従業員へのアドバイスを行います

    定期的に社内防災訓練状況を評価し、社内報告します(評価はマニュアルに従いツールを用いて簡便に実施可能)

    評価に基づいてリスク状況に応じた健康防災訓練の企画、及び実施を行います(EWP本部より専門家派遣及び活動支援あり)

    心身障がい者の活躍を創出します

    会社の「健康文化」構築に必要不可欠な存在です

EWPアドバイザーの活動例

  • 「EWP アドバイザー育成研修」に参加する。EWP 社員が導入企業様のEWP アドバイザーへヘルスリスクアセスメント®の読み取り説明や、EWP ホームページ内のEC サイトやアーカイブの活用方法を説明し、マニュアルをお渡しします。企業の健康文化を構築し、積極的に従業員ヘルスケアプログラム®を推進して頂くための研修です。

  • EWP よりお渡しする「ヘルスリスクアセスメント®」を従業員へ配布し、説明を行う。「EWP アドバイザー研修」で説明を受けた、ヘルスリスクアセスメント®の読み取り方を伝えてください。配布されたヘルスリスクアセスメント®の記載項目等に対して疑問点があると言われた場合は、お渡ししたマニュアルに沿って誘導してください。

  • 定期的に防災訓練状況を評価し、必要に応じた防災訓練の実施を企画・運営する。EWP が用意した評価マニュアルに従って、社内の防災訓練状況と従業員のリスク状況に基づいた具体的な防災訓練を実施してください。(社食や掲示ポスター、食後の運動習慣づけなど)不明な場合はEWP へご相談下さい。

契約企業様の健康文化構築のため、EWP は全力でサポートさせて頂きますが、
EWP アドバイザーは企業の健康・従業員の健康は自分が支えるという
気概を持って活動してください。

EWPアドバイザーの相関図